買取・査定 買取と下取りの違い

買取と下取りの違い

買取りと下取りの違いをしっかり理解し、査定を受けて比較するのが賢いやり方だ。

買取とは?

「今乗っている愛車を売り、現金を受け取る」こと。 新しいクルマに買替えなら、その資金を次のクルマの頭金に充てればよい。

買取価格は、 業者間オークション相場 を元に現在買取れる最高値を基本価格とし、装備や程度などを総合して算出する。中古車相場はオークション会場や地方の違いによって取引相場は違うもの。大型買取専門チェーン店の場合、 全国の相場情報を随時収集し基本価格を決める ため、より高い価格を提示できる場合が多い。

また、買取りの場合は、社外品パーツ(エアロ・アルミホイール・カーナビなど)もプラス評価対象となる。

下取りとは?

「今乗っている愛車を売り、同じ販売店で買う次のクルマの購入資金に充てる」こと。

新車を正規ディーラーで下取ってもらう場合、通常は各販売会社が用意する 下取り基本価格表 を元にし、そこから車両のダメージなどを査定の上、減額し下取り価格を算出する。価格表は定期的に更新されるが、業者間オークション相場に必ずしも連動していない。次に同じ販売店でクルマを買うことが前提のため、新車販売価格の調整も加味されて最終価格が決められるケースが多い。社外品パーツの評価はあまり期待はできない。

中古車専門店で下取ってもらう場合は、考え方は買取りと同じだ。しかし大型買取専門チェーンのようなネットワークを持っていない場合、特定のオークション会場での相場を基本価格とする場合が多いため、買取価格に違いが出ることがある。

中古車雑誌の販売価格から買取価格は予想できる?

結論から言うと、難しいのが正直なところ。近いクルマの販売価格を見て予想する人は少なくないが、あまり賢いやり方とは言えない。

  • ・車名&グレード
  • ・年式
  • ・走行距離
  • ・色
  • ・ミッション
  • ・オプション(特にメーカートプション)

これらがすべて合致するクルマを「買取価格の目安にできるくらいたくさんの台数」、中古車情報誌から探し出し予測するのは非常に難しい。前述の通り業者間オークション相場は地方や会場により違うため、同条件のクルマの販売価格を1つ2つ見つけたとしても、買取価格の参考とならない場合が多い。 「取らぬ狸の皮算用」 とならないように、しっかり無料査定を受けるのがベター。

結局、どっちが得なの?

買取りも下取りも、基本価格から程度を査定し最終価格を決定する。つまり基本価格設定が高いほうが得となる。多くの場合、高値を追求している大型買取専門チェーンがお得。

しかし新車の正規ディーラーの下取りなら、自社銘柄を高く設定していたり、新車購入を前提としているため価格調整の結果高く下取ってもらえる場合もある。「下取り強化キャンペーン」など新車販売強化の目的で一定金額を下取り価格に上乗せすることもあり、どちらが得とは言い切れない。

だから損しないためにも、 事前に買取専門店の無料査定を受けておくのが賢いやり方だ。

オートックワンのカーライフ支援サービス