買取・査定 愛車を高く売るコツ

愛車を高く売るコツ

大切に乗った愛車を高く売る(買ってもらう)ためのポイントをご紹介!

第一印象が一番大事

洗車されていない、光沢のないクルマは「きっとどこかにキズがあるだろう」「大事にしていなさそうだから減額対象になるようなことが色々あるはず」と思うもの。 逆に洗車され光沢のあるクルマは「これは質が良さそうだ」と思われます。

きちんと洗車し、ワックスをかけて、天気の良い日中にベストコンディションで査定を受ける方が、高い評価を期待できます。

クルマが汚れている場合

傷や凹みを確認できないため、査定員はある程度傷や凹みがあるものと想定した上で査定をするため、不利になる場合もあります。

クルマに光沢がない場合

せっかく洗車をしても、塗装にツヤがないと、全体がくすんだ印象となってしまいます。ワックスなどをかけてツヤがあるクルマと比べ、オイル交換などのメンテナンスをしっかりされていないと想定されてしまい、査定に影響することがあります。

キズや凹みは直しておくべき?

大抵の場合、キズや凹みの修理費用の方が、査定価格の減額幅より小さい。だから慌てて直すより、そのまま査定してもらった方がお得な場合が多いです。 減額に関しては以下をご参考に。

  • ・洗車キズ → 特に影響ない
  • ・小さなキズや1~2箇所の凹み → 大きな影響はない
  • ・目立つ場所にこぶし大の凹みや塗装の剥がれ、錆が出ている → それなりの減額は覚悟

汚れより臭い?

キレイに掃除してから査定を受けるのが基本中の基本ですが、ルームクリーニングで落ちる程度の汚れは、ほとんど減額対象になりません。

それより意外に減額となるのが臭い。悪臭がする場合はクリーニングでもなかなか落ちないため、しっかり減額対象となります。日頃から臭いには注意が必要です。

エンジンや足回り関係はどうする?

当然ダメージがあれば減額対象となります。もし愛車がまだメーカー保証内であれば、修理してから査定を受ける方が有利です。

オートックワンのカーライフ支援サービス